2010年11月アーカイブ

エコキャップ回収運動

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは。総務部の木内です。20101129-02.JPG

当社では社員一丸となり「地球温暖化防止」と「世界の子どもたちにワクチンを届ける」ため、ペットボトルキャップを回収しております。

回収したペットボトルキャップは、「佐久咲くひまわり」を経由後、「NPO法人 エコキャップ推進協会」により、リサイクル事業者に売却されます。その際の売却益がワクチン寄贈団体である「NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄附され、ポリオワクチンが購入でき、たくさんの子どもの命を救う事ができます。

 

目標として、毎月800個(ワクチン子供1人分)の回収を目指しています。

今月の状況は、現時点で772個のキャップを回収しております。20101129-01.JPG

夏場は目標を上回るペースで回収をしていたのですが、気温が寒くなり、ペットボトルを消費する機会が激減したこともあり苦戦が続いております。

かといってムダに、ペットボトル飲料を飲ませるわけにも行きませんしね。汗・・・

そのような事をするようであれば、直接募金したほうが効率的かも知れません。その上、目的を履き違えてしまっている様に感じませんか。

 

社会では、目的を履き違えてしまうケースを耳にします。
そもそもの目指す目的を間違ってしまったがゆえに、誤った行動をとってしまうと、当然の事ですが同じパワーをかけても得られる結果は異なります。

良く耳にする目的の誤りとは、目的が「売上を上げるということ」になっているケースなどといわれますよね。それは、一見目的のように見えますが、真の目的では無いですよね。

お客様の為に、価値あるサービスを提供することが真の目的ではないでしょうか。
その結果として、売上が上がり、顧客に満足してもらえるのではないのでしょうか。

このような事を繰り返し行えば、必然的にリピーターが増え、業績が上がるのではないでしょうか。

 

話がそれましたが、当社では少しでも協力できる活動があれば、何事も取り入れ継続的に活動して参ります。不要なペットボトルの蓋をお持ちの方は、是非当社へお届け頂ければ幸いです。

こんにちは。総務部の木内です。

20101122-01.JPG

本日、2011年度入社予定者の内定者懇談会を行いました。

来年度は、2名の新入社員を迎え入れる予定となっています。

先ず始めに、当社役員との昼食会を行いました。

内定者の方々も緊張した様子で、あまりご飯を食べた気がしなかったのではないのか、ちょっと心配しました。

昼食会の中では、内定者の日頃の様子が分かるように写真を3枚撮ってきて頂きました。

 

その内容について、会話をし、多少なりとも距離が近づければと思います。

本来の自分自身を、さらけ出して頂く事によって、本当に適材となる場所に配属できれば、お互いに幸せな人事となるのではないでしょうか。

20101122-02.JPG

その後、先輩社員からのアドバイスと交流を深めた後、内定者間のコミュニケーションを深めて頂く為にインタビュー形式で、「残りの学生生活を充実したものとするための目標」を議論して頂きました。
最初は緊張していた内定者ですが、後半は活発に互いの意見を言いあえる迄に親睦が深まりました。

20101122-03.JPG 20101122-04.JPG

 

 

 

 

 

明日からまたそれぞれの学校に戻りますが、残りの学生生活を有意義なものとし、本日掲げた目標の達成ができることを願っております。

半年後に成長した彼らにお会いできることを楽しみにしています。
ガンバレ、内定者の皆さん!

こんにちは。総務部の木内です。

当社では、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO27001(セキュリティ)を取得しています。

今回は、ISO9001の定期審査が行われましたが、無事終了しました。

私が在籍している総務・人事Gも審査の対象部門でした。審査員の方から、なかなか厳しいご指摘を頂きました。一方、当社の取り組みがすばらしいとお褒め頂いた点もありました。

20101117-01.JPG ISOとは、対外的なアピールに使用される機会だけが多いように思われがちですが、ルール化するにより作業の標準化が図れることがメリットといわれます。

ルール化する事により、どのような人が対応しても当社の看板を汚す事のない品質が保たれています。 さらにムダを発見し、改善することができます。ムダとは、時間、人員、作業手順、経費など様々ですね。このようなムダを省くことにより、効率的になります。その空いた時間を注力し、より品質の高いシステムをお客様へ提供することを目指しています。

20101117-02.JPGこのような機会に、外部の人から冷静なご指摘を頂くことによって更なる業務改善を行っています。 業務改善をせずに現状を維持する事は、新たな改善・提案を行うよりは大変簡単では有りますよね。しかしながら、日々多くの企業が業務改善、向上意識をもって仕事に取り組んでいますので、現状維持では自然と衰退してしまいますよね。

そのように成長を止めず、常に発展をするためも外部からの冷静なご指摘が頂ける貴重な機会でもあります。  

このようなご指摘を素直に受け止め、全てのお客様に満足して頂けるシステムが提供できる様、 成長し続ける企業であり続けたいと思います。

こんにちは。総務部の木内です。

当社では、2010/11/12に会社周辺のゴミ拾いを致しました。

20101115-01.JPG

1ヶ月ぶりに行ったのですが、かなり落ちているモノですね。

1ヶ月でこれだけ増えるものなのかと参加者一同ビックリですよ。

  ※ 右の写真は、大きな穴が開いた靴下の拾う大井さんです。

 

今回は、約20名程度参加して頂きました。せっかくですので回収したゴミと一緒に写真撮影。

今回も、車のフォイルカバーをはじめ、スコップ、ハイヒール(右足のみ)、賞味期限が3年前の未開封のドレッシングなど、大量ゲットしました。

20101115-02.JPG

20101115-03.JPG

 

やはりタバコの吸殻、ペットボトル、スーパーなどのお惣菜トレイなどが多いですね。

もしも、落した心あたりがある方は連絡を下さい。可能な限りお返しします。

20101115-05.JPG

20101115-04.JPG 上記にて、話題に上りましたスコップを発見しどうしてよいか困っている佐竹さんと、未開封の賞味期限切れのドレッシングの写真を掲載します。 

当社の近くには、長野県立駒場公園があります。

こちらへ遊びに来た方が落としたのではないかと思われるゴミも多数ありました。

このブログをみて、遊びに行く際は、行く時よりも多少でも、多くの荷物(ゴミを拾って)を持って帰るよう心がける人が少しでも増えれば良いなぁと感じました。

お子様の靴、靴下も目立ちました。

近隣には、幼稚園もありますが、小さな子供をお連れの保護者様もご注意頂ければ、幸いです。

 

話は変わりますが、分ければ資源、捨てればゴミなどよく言われますよね。

ゴミを気軽に捨ててしまう人は、きっと資源もゴミと同様に捨ててしまうのでしょうね。

そんな人の心もきっとゴミの山なのかもしれませんね。

拾う人の気持ちを考え、他人への配慮のできる人が増えれば、自然とゴミも減少し、地域社会も発展するのではないでしょうか。ほんの小さな活動ですが、当社では粘り強くコツコツと活動を継続します。

総務人事グループの清水です。

今回は当社の太陽光発電装置をご紹介します。
この装置は、2008年3月に当社が加入する「有限責任事業組合(LLP)佐久咲くひまわり」の事業の一環として設置されました。

「LLP佐久咲くひまわり」は、「環境省メガワットソーラー共同利用モデル事業」に取り組むとともに、エコシティ佐久を推進するために結成された組合です。当社はこの一員として、太陽光発電装置による発電を行うと共に、組合員としての環境啓発活動を続けています。

太陽光発電はエコでクリーンなエネルギーであることは、皆様のご存知の事と思います。
当社では、太陽光発電を通じて、美しい地球環境がいつまでも保たれることを願っています! 


さて、当社の装置をご紹介致します。
まず、本社社屋屋上に設置された発電パネルがこちらです。

 solar.JPG

この画像は、屋上に取り付けられた監視カメラの映像ですが、当社HPではこの模様を24時間ライブ画像としてご覧頂けようになっています。ちなみに、奥に見える山が活火山として有名な浅間山です。とても雄大で美しいですね!もうしばらくすると浅間山が雪化粧し一層美しくなります。そうなると麓の私たちは本格的な冬の訪れを感じるのです。

  屋上のパネルですが、約1m四方のものが、168枚敷き詰められており、これにより、最大で30KWの発電が可能な大規模なものとなっています。これにより、日中は本社で使用する電力の多くをまかなっています!

  このパネルによる発電の状況は、当社2階受付のそばに設置されているインフォメーションディスプレイによりご確認頂けます。只今、快晴ですが、秋なので発電量はちょっと少な目の13.9KWです。

DSCF0189.JPG DSCF0145.JPG 

 

 

 

 

 

  

DSCF0192.JPG ちなみに、受付近くの応接コーナーには、太陽光発電の仕組みをご紹介するパネルを展示しております。ご来社の際には、是非ご覧ください。

 




DSCF0155.JPG ところで、太陽光発電によって発電される電気ですが、実は直流電力なのです。ですから、そのままでは、電化製品の電源としては使用できないのです。そこで、この直流電力を交流電力(AC)に変換する装置が、「パワーコンディショナー」という機械です。当社では1階の片隅にひっそりと設置されていますが、一生懸命活躍しています。まさに縁の下の力持ちです。ガンバレ、パワーコンディショナー!

 

 

こんにちは。総務部の木内です。20101104-01.JPG

当社では、地域との共生・社会への貢献を目指しております。 その一環として、先月より長野県佐久技術専門校様より委託を受け民間活用委託訓練を行っています。

 ※詳細はこちら

この活動を通じ、地元の方にPCが使える方が増え、その方の両親やパートナー、子供、孫へと世代を超えて裾の根が広がれば良いなぁと感じております。

今回の職業訓練には20名の方にご参加頂いております。

この訓練では、Microsoft Office specialist のWord、Excel、 パソコン検定、簿記などの資格を取得することを目指しております。

企業とは、「強みを生かし、弱みを無害化するために有る」などと言われます。 資格取得を通じ、多少なりとも自分の強みを見つけ、伸ばして頂けたらと思います。

 

そんな当社の職業訓練にご参加頂きました皆様が納得できる企業への就職を 後押しできればと思っています。

職業訓練終了まで、あと2ヶ月頑張って下さい。

20101104-02.JPG